文春文庫

体は全部知っている

吉本ばなな

  • 定価:本体460円+税
  • 発売日:2002年12月06日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

神様はもしかして人間を愛しているのかもしれない

日常に慣れてしまうことで忘れていた、ささやかだけれど、とても大切な感情——。心と体がひとつになって癒される短篇集。全13篇

担当編集者より
「アロエが、切らないで、って言ってるの。」ひとり暮らしだった祖母は死の直前、そう言った。植物の生命と交感しあう優しさの持ち主だった祖母から「私」が受け継いだ力を描く「みどりのゆび」など。日常に慣れることで忘れていた、ささやかだけれど、とても大切な感情——心と体、風景までもがひとつになって癒される13篇を収録。
商品情報
書名(カナ) カラダハゼンブシッテイル
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2002年12月10日
ISBN 978-4-16-766701-6
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く