作品紹介

小さな命がこの世に誕生するまでを描く傑作長篇!

女性作家キミコは、海辺の町で出会った少女から自らの妊娠を告げられる。ばなな文学の新たな一歩をしるす、祈りに満ちた長篇小説

担当編集者より
恋人と初めて結ばれたあと、東京を離れ、傷ついた女性たちが集う海辺の寺へと向かった小説家キミコ。外の世界から切り離された、忙しくも静かな生活。そしてその後訪れた別荘で、キミコは自分が妊娠していることを、思いがけない人物から告げられる。この作品のテーマは「妊娠と出産」。多くの女性にとっての人生最大級のイベントが、限りなく繊細に描かれます。うまくいかないことも多い世の中で、新しい命が生まれ、人の営みが続いていくことの不思議さがやさしく描かれ、あたたかい気持ちに包まれる傑作長編です。(NK)
商品情報
書名(カナ) イルカ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2008年11月10日
ISBN 978-4-16-766704-7
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く