文春文庫

これからはあるくのだ

角田光代

  • 定価:本体505円+税
  • 発売日:2003年09月02日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

はやくおとなになりたかった、あなたへ

五年住んでいる街で道に迷い、なぜだか怒鳴られて立ちすくむ。清志郎をこよなく愛する作家ののびやかな魅力あふれる傑作エッセイ

担当編集者より
五年も住んでいる町で道に迷ったり、路上で詐欺にひっかかったり、飛行機嫌いなのに海外旅行に出かけてしまう角田さんの日常。なぜだか往来で見知らぬ人の喧嘩に遭遇する回数も多い。そのボケっぷりとユニークな発想は少女時代から大炸裂!自らの身に起きた理不尽な体験を、屈託なく綴ったエッセイ集。笑ったり憤ったりジーンとしているうちに、とうに忘れていた遠い記憶や感覚が甦ってきます。(IJ)
商品情報
書名(カナ) コレカラハアルクノダ
ページ数 160ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2003年09月10日
ISBN 978-4-16-767201-0
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く