文庫
文庫

文春文庫

犬吉

諸田玲子

  • 定価:本体514円+税
  • 発売日:2006年03月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

狂おしい熱情。息もつかせぬ展開の時代小説

赤穂浪士が討ち入りを果たした朝、中野の御囲いで数万頭の犬と暮らす少女・犬吉は、一人の侍と出会う。狂気の一夜の運命の恋を描く

担当編集者より
第五代将軍・徳川綱吉が貞享二年(1685)に発した「生類憐れみの令」から十年。巷に犬があふれ、ついに幕府は野良犬を収容する「御囲(おかこい)」を作った。赤穂浪士が討入りを果たした朝、中野村の「御囲」で犬の世話をする娘・犬吉は一人の侍と出合う。討入りの興奮冷めやらぬ狂気の一夜の事件と恋を描く長編。あとえ・黒鉄ヒロシ
商品情報
書名(カナ) イヌキチ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年03月10日
ISBN 978-4-16-767703-9
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く