文春文庫

こんちきあくじゃれ瓢六捕物帖

諸田玲子

  • 定価:本体600円+税
  • 発売日:2007年07月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

色男・瓢六が大活躍。人気捕物帖シリーズ第二弾

今回も瓢六は高価な茶碗を探し出したり牢名主の跡目争いを解決したり。八重との関係にも進展が……。粋で愉快でほろりとする六篇

担当編集者より
色男・瓢六が、北町奉行所の同心・篠崎弥左衛門とともに、江戸の町の難事件を鮮やかに解決する捕物帖シリーズ第二弾。晴れて無罪放免となった瓢六だが、お袖と熱々の平和な日々も長くは続かない。わけありの母子を匿ったり、瓦版を作ったり、そして今度はお袖が牢に入れられる……!? 痛快無比の時代小説。解説・高部務
商品情報
書名(カナ) コンチキ アクジャレヒョウロクトリモノチョウ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2007年07月10日
ISBN 978-4-16-767704-6
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く