文庫
文庫

「延長十八回」終わらず伝説の決勝戦「三沢VS松山商」ナインたちの二十五年

田澤拓也

  • 定価:本体590円+税
  • 発売日:2004年07月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

三沢VS松山商「引き分け再試合」を再現する

昭和四十四年、甲子園にて日本中を魅了した大田・井上による熱投が繰り広げられた。”戦後生まれ”球児たちの現在までの足跡を追う

担当編集者より
全共闘の嵐が吹き荒れた1969年、甲子園では日本中を魅了した三沢高校・太田と松山商業・井上による熱投が繰り広げられた。まったく好対照な両チームの対決は史上唯一の決勝戦「引き分け再試合」となる。試合を詳細に再現するとともに、「戦後生まれ」の球児たちの現在に至る足跡をたどる力作ノンフィクション。解説・井上明
商品情報
書名(カナ) エンチョウジュウハチカイオワラズ デンセツノケッショウセンミサワタイマツヤマショウナインタチノニジュウゴネン
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2004年07月10日
ISBN 978-4-16-767802-9
Cコード C0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く