文庫
文庫

新選組風雲録 戊辰篇

広瀬仁紀

  • 定価:本体590円+税
  • 発売日:2004年07月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

遂に新選組、解隊す!!

鳥羽・伏見の戦いで敗北した新選組は以後負け続け、遂に流山で局長近藤勇が斬首となる。土方歳三はなおも宇都宮・会津で戦うが…

担当編集者より
大政奉還という奇策をもってしても、旧幕府の頽勢はいかんともしがたく、鳥羽伏見の戦いでは、井上源三郎・山崎烝など古参幹部が戦死。土方歳三たちは大坂へと引きあげたのだった。前将軍・慶喜の大坂逃亡にともなって、江戸に戻った新選組は休む間もなく、官軍の江戸入りを防ぐため甲府へ向うが、あっけなく敗走する……。
商品情報
書名(カナ) シンセングミフウウンロクボシンヘン
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2004年07月10日
ISBN 978-4-16-767915-6
Cコード C0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く