鬼平犯科帳の人生論

里中哲彦

  • 定価:本体571円+税
  • 発売日:2004年07月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「鬼平党」よ、あなたの読みはまだ甘い

普通の男はなぜモテない、お金とは、悪友の価値等々、人生のイロハ、つきあいの仕方を「鬼平犯科帳」に学んだ異色の人生入門書

担当編集者より
河合塾の人気英語講師である著者は、じつは池波正太郎の大ファン。すでに『鬼平犯科帳の真髄』(文春文庫)でテレビドラマの「鬼平」シリーズに寄せて、鬼平論を展開してみせたが、今度は「鬼平犯科帳」を教養小説として読み解き、シリーズ各章から重要場面を引用しつつ、人生の教訓をいかに著者自らが学んだかを記す。その核心は「中庸」の大切さだと、著者は言う。一見、鬼平は苛烈に見えるが、丁寧に読むと、みごとな平衡感覚の持主だそうだ。「日刊ゲンダイ」好評連載の「鬼平的生き方のツボ」をもとにして大幅加筆した文庫オリジナル作品。(SO)
商品情報
書名(カナ) オニヘイハンカチョウノジンセイロン
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2004年07月10日
ISBN 978-4-16-767917-0
Cコード C0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く