作品紹介

光と影の宿命を負った二人の男。歴史ミステリー

明治12年、政商藤田傳三郎は贋札事件の容疑で捕縛された。維新前後の激動の世で、宿命を負った二人の男の友情と別離、対決を描く

担当編集者より
明治十二年、政商・藤田傳三郎は贋札事件の容疑者として捕縛された。その十七年前、高杉晋作の元に集まる志士たちの中に傳三郎がいた。幼馴染みの《とんぼ》宇三郎が影のように寄り添う。奇兵隊結成、禁門の変……幕末から明治にかけての激動の世の中で〈光〉と〈影〉の宿命を負った二人の友情と別離、対決を描く傑作歴史長篇。
商品情報
書名(カナ) カゲロウシマツ
ページ数 448ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2004年08月10日
ISBN 978-4-16-767920-0
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く