作品紹介

華族の日々の生活を描く名著

美濃大垣藩主の孫娘として、戸田伯爵家に生まれ、19歳で徳川吉宗の血をひく田安徳川家に嫁いだ著者の、華族としての日々を描く

担当編集者より
かつては大垣藩十万石を治めた戸田伯爵家に生まれ、13歳で婚約し「徳川」の姓を背負った徳川伯爵夫人元子。自然体で、そして慎ましく生きた彼女が、半生を振り返り綴った手記。関東大震災、第一次世界大戦、そして戦後——明治、大正、昭和の出来事や、人々の暮らしぶりなどが、懐かしき「うた」のごとく、浮かび上ってくる。
商品情報
書名(カナ) トクガワハクシャクフジンノナナジュウゴネン トオイウタ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2005年01月10日
ISBN 978-4-16-767929-3
Cコード 0195

著者

徳川 元子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く