作品紹介

もしも自分たち夫婦だったら?

病気、事故、介護。伴侶に死の影が訪れる時、なにを思いどう生きるのか。大宅賞受賞作家が描く現代の「夫婦と死」、感動のドキュメント

担当編集者より
路上に停めた車の中で寄り添い、餓死した夫婦、22年間も意識の戻らぬ夫を介護した妻、戦時中の強い絆を支えに壮絶な日々を添い遂げた夫婦――いつ、どんな形で訪れるかわからない「死の影」を前にした時、夫婦はなにを思い、残された者はどう生きるのか。大宅賞受賞作家が映し出す現代の「夫婦と死」。解説・田原総一朗
商品情報
書名(カナ) フウフガシトムキアウトキ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2005年06月10日
ISBN 978-4-16-767943-9
Cコード C0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く