文春文庫

零戦の誕生

森 史朗

  • 定価:本体660円+税
  • 発売日:2005年08月03日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

貴重な新証言の発掘による、新たなる事実!

零式戦闘機のメカニズムと名もなき戦士たち。零戦の誕生に携わった数多の青春群像を紙上に蘇らせた戦記ノンフィクションの白眉

担当編集者より
昭和15年9月13日。中国重慶上空で、進藤三郎大尉率いる零戦13機が中国空軍機27機を全機撃墜するという大戦果となった零戦の中国戦線デビュー。それにいたるまでの、零戦の開発、実験研究、テスト飛行、機体整備など、海軍中央から求められた苛酷な条件をクリアすべく、若き技師や名もなき戦闘機乗りたちが苦闘した青春群像を、中国側の史料にもあたり、新たな事実、貴重な新証言を掘り起こして紙上にみごとに蘇らせた零戦戦記の白眉。(SO)
商品情報
書名(カナ) ゼロセンノタンジョウ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2005年08月10日
ISBN 978-4-16-767957-6
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く