文庫
文庫

文春文庫

志ん生・馬生・志ん朝三人噺

美濃部 美津子

  • 定価:本体505円+税
  • 発売日:2005年11月10日

作品紹介

名人一家の長女が語る、噺家の素顔

練習熱心だった父志ん生、絵描きになりたかった弟馬生、蔭で人の何倍も努力していた弟志ん朝、やさしかった母。泣き笑い人情噺

担当編集者より
道楽三昧でも芸には真摯で毎日の稽古を欠かさなかった父・志ん生。仕立物や内職で家計を支え、夫を立て続けた優しい母・りん。なめくじ長屋の極貧時代に生まれ、父の満州行の頃は楽屋でいびられまくった弟・馬生。七光りと言われないために蔭で人の何倍も努力した弟・志ん朝。名人一家の長女が語る家族の素顔、泣き笑い人情噺。
商品情報
書名(カナ) シンショウバショウシンチョウ サンニンバナシ
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2005年11月10日
ISBN 978-4-16-767966-8
Cコード 0195

著者

美濃部 美津子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く