文庫
文庫

文春文庫

凍るタナトス

柄刀 一

  • 定価:本体705円+税
  • 発売日:2006年01月11日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

生と死が凍結された世界で、なぜ人は殺されるのか?

永遠の命を望み、死後己の体を冷凍保存することを願う科学集団で謎の連続殺人が…。最先端技術と宗教、ミステリーが奇跡の融合!

担当編集者より
死後、人体を冷凍保存し、未来の医療技術による甦生を願うクライオニクス財団。永遠の命を夢見る科学者集団の中で、財団の創設者が石膏ギプス包帯で惨殺され、冷凍保存された脳までが粉々に破砕された。これは「命」をめぐる神々の争いなのか? 生と死が永遠に凍結された空間で、刑事の孤独な闘いが始まった。解説・千街晶之
商品情報
書名(カナ) コオルタナトス
ページ数 448ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年01月10日
ISBN 978-4-16-767973-6
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く