作品紹介

殺人者となった少年たちの心の闇を抉り出す問題作

「普通の中学生」が、なぜ人を殺したのか——。世界への違和感を抱え、殺人を犯した3人の少年たちの心の軌跡を追う長篇犯罪小説

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
退屈な日常の中で飼いならしえぬ瘴気(しょうき)を溜め続ける久藤。恵まれた頭脳と容姿を持ちながら、生きる現実感が乏しい葛城。複雑な家庭環境ゆえ、孤独な日々を送る神原。世間への違和感を抱える3人の少年たちは、どこへ向かうのか。少年犯罪をテーマに中学生たちの心の軌跡を描き切った衝撃のミステリー長編。解説・羽住典子
商品情報
書名(カナ) クウハクノサケビ
ページ数 416ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2010年06月10日
ISBN 978-4-16-768204-0
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く