作品紹介

青春と恋と革命と詩の渾身一大ロマン

詩人でありフランス文学の名翻訳者堀口大學は20歳の時、外交官である父の任地メキシコに呼ばれる。恋と革命を描き切る超大作

担当編集者より
詩人でありフランス文学の名翻訳者である堀口大學の青春回想記の形を取った一大ロマン。20歳の大學は外交官である父の任地メキシコに呼ばれた。彼の地で起こった革命のただ中を颯爽と生き、大統領の姪である美少女フエセラに一瞬で心を奪われるが、この恋の行方は……。1000枚が疾走し続ける豪快極まる傑作歴史絵巻。解説・池澤夏樹
商品情報
書名(カナ) セマナトラジカ ヒゲキシュウカン
ページ数 624ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2008年12月10日
ISBN 978-4-16-769103-5
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く