作品紹介

いよいよクライマックス 「二・二六事件」へ突入

陸軍省内で白昼堂々軍務局長を斬殺した「相沢事件」。新資料を駆使して軍閥暗闘の内幕を解明していく。他に「軍閥の暗闘」「相沢公判」

担当編集者より
いよいよ本書の核となる「二・二六事件」に突入。「永田閣下に天誅を加えてきました」——皇道派・統制派の争いは熾烈さを増し、遂に相沢中佐は、統制派の大物であった永田鉄山軍務局長を陸軍省内で白昼に斬殺するという前代未聞の事件を引き起こす。執念の取材により初公開される新資料で軍閥の暗闘が白日の下に晒されていく。
商品情報
書名(カナ) ショウワシハックツ
ページ数 448ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2005年07月10日
ISBN 978-4-16-769704-4
Cコード 0121

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document