作品紹介

ロッキード事件を予見した社会派ミステリー

鉄鋼王の死を糸口にあばかれる、政財界を巻き込んだ巨額の不正。戦後に急成長を遂げた企業の内幕を描く壮大な社会派推理小説

担当編集者より
菅沼の死後、融資の代償として建設会社と銀座のテナントビルを手に入れた井戸原は、愛人の新進女優を利用して通産政務次官への接近を図る。政財界で黒いつながりをもつ男たちの駆け引きと、実力者の愛人という立場を利用する女たちの思惑。のちの政界スキャンダルを予見したかのような社会派ミステリーの傑作! 解説・佐野眞一
商品情報
書名(カナ) セイソクブンプ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2009年05月10日
ISBN 978-4-16-769716-7
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く