文庫
文庫

文春文庫

球形の荒野 下

松本清張

  • 定価:本体590円+税
  • 発売日:2010年01月08日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

国際謀略で存在を消された外交官の、娘への愛

終戦工作で自分の存在を消した外交官の、娘への絶ちがたい情愛——帰還した戦争の「亡霊」が暴き出す人間の内面にひそむ悪と闇

担当編集者より
新聞記者・添田彰一は、恋人・野上久美子の父の生存を確かめるため、ひそかに調査を始める。口を閉ざす当時の関係者、京都のホテルでの発砲騒ぎ……次々と起きる不可解な事件にはいったい何が隠されているのか? 停戦工作の裏事情と一外交官の肉親への絶ちがたい情愛が交錯する国際謀略ミステリーの傑作! 解説・半藤一利
商品情報
書名(カナ) キュウケイノコウヤ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2010年01月10日
ISBN 978-4-16-769729-7
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く