文庫
文庫

嘆きの橋

オレン・スタインハウアー 村上博基・訳

  • 定価:本体705円+税
  • 発売日:2005年10月

作品紹介

往年のフリーマントルに迫る大型新人登場!

第二次大戦直後の東欧で、己の勇気を証明すべく巨悪に挑む若き刑事の決死の捜査行。エドガー賞新人賞候補となった話題の力作

担当編集者より
英米書評誌が揃って絶賛、各ミステリ賞新人部門に軒並みノミネートされた大型新人の話題作です。舞台は大戦直後の東欧の小国。殺人課の新人刑事エミールが担当した犯人は、国家的英雄の暗部に通じていた。決死の西ベルリン潜入行の果てに彼が見出した国家を揺るがす醜悪な真実とは?若き主人公が、己の勇気を証明するために貫く孤独な捜査。新人離れした筆力と緊迫感、清新な感動の待ち受ける秀作を、ジョン・ル・カレなどを手がける村上博基さんの緊密な訳文でお贈りします。(NS)
商品情報
書名(カナ) ナゲキノハシ
ページ数 400ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2005年10月10日
ISBN 978-4-16-770512-1
Cコード C0197

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く