文庫
文庫

文春文庫

四千万人を殺した戦慄のインフルエンザの正体を追う

ピート・デイヴィス 高橋健次 訳

  • 定価:本体800円+税
  • 発売日:2007年01月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

最悪のインフルエンザウイルスの正体を追う

死者4000万人——世界を席巻した1918年、スペイン風邪の恐怖。最悪のインフルエンザウイルスの謎に挑む傑作ノンフィクション

担当編集者より
1997年3月、香港近郊の養鶏場で鶏が死ぬ。H5N1型の鳥インフルエンザが世界を騒然とさせる始まりであった。それを遡ること80年前に世界を席捲した「風邪」は、4000万人を殺した。この恐るべきインフルエンザウイルスの正体を追って、永久凍土に埋葬された遺体の胸からウイルスを採取すべく、ある調査団が極北の墓所へ向かう。
商品情報
書名(カナ) ヨンセンマンニンヲコロシタセンリツノインフルエンザノショウタイヲオウ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2007年01月10日
ISBN 978-4-16-770542-8
Cコード 0198

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く