文庫
文庫

文春文庫

音もなく少女は

ボストン・テラン 田口俊樹 訳

  • 定価:本体876円+税
  • 発売日:2010年08月04日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「このミス」第1位の天才が放つ哀切の傑作

運命を切り開くには銃をとるしかない。荒んだ街に全てを奪われ、耳の聞こえぬ少女は心を決めた——悲痛きわまる慟哭の傑作

担当編集者より
貧困家庭に生まれた耳の聴こえない娘イヴ。暴君のような父親のもとでの生活から彼女を救ったのは孤高の女フラン。だが運命は非情で……。いや、本書の美点はあらすじでは伝わらない。ここにあるのは悲しみと不運に甘んじることをよしとせぬ女たちの凛々しい姿だ。静かに、熱く、大いなる感動をもたらす傑作。解説・北上次郎
商品情報
書名(カナ) オトモナクショウジョハ
ページ数 480ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2010年08月10日
ISBN 978-4-16-770587-9
Cコード 0197

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く