作品紹介

三蔵法師一行の取経の旅も、いよいよ天竺へ

三蔵法師と悟空、八戒、悟浄の旅もいよいよ佳境。数々の困難を乗り越えて、成長する師匠と弟子。天竺への取経の旅、ついに完結

担当編集者より
皆で力を合わせて戦い、時には機転を利かせ、数々の試練を乗り越えることで、さらに絆を深めた三蔵一行。しかし彼らの前に、天竺行き最大の難所である、火焔山が立ちはだかる。この山を越えるためには、悟空の兄弟分であった牛魔王の妻、羅刹女(らせつじょ)の芭蕉扇が必要なのだが、羅刹女は息子の紅孩児(こうがいじ)を倒した悟空を深く恨んでいた。
商品情報
書名(カナ) サイユウキ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2009年04月10日
ISBN 978-4-16-771012-5
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く