文春文庫

あした咲く蕾

朱川湊人

  • 定価:本体600円+税
  • 発売日:2012年03月09日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

短篇の名手が贈る喪失と再生のものがたり

美人だけど性格が悪い僕のおばさん。でも彼女は、正真正銘の天使だった。なぜなら、自分の命を分け与えることができたから——

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
美しい容姿からは想像もつかないほどガサツな叔母の意外な秘密についての表題作、雨の日だけ他人の心の声が聞こえる少女を描く「雨つぶ通信」、西日暮里の奇妙な中華料理屋を巡る奇譚「カンカン軒怪異譚」など、『花まんま』『かたみ歌』の著者が、昭和の東京下町を舞台に紡ぐ「赦し」と「再生」の7つの物語。解説・宇江佐真理
商品情報
書名(カナ) アシタサクツボミ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2012年03月10日
ISBN 978-4-16-771205-1
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く