文庫
文庫

砂漠の戦争イラクを駆け抜けた友、奥克彦へ

岡本行夫

  • 定価:本体629円+税
  • 発売日:2006年08月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

戦後復興で日本は何をしたか、何ができなかったか

2003年4月、首相補佐官に再任した著者は荒廃したイラクに飛び奥参事官と再会、日本がなすべき復興策を決定していく。しかし…

担当編集者より
2003年4月、内閣総理大臣補佐官に再任した著者は、イラク戦争の戦後復興策をどう進めるべきかの任務を帯びて現地に飛び、奥克彦参事官と再会する。奥参事官の行動力と決断力には目を瞠るものがあり、2人は次々と日本のとるべき施策を決定していくが…。本書は奥氏への鎮魂の書であり、海外派兵についての必読書でもある。
商品情報
書名(カナ) サバクノセンソウ イラクヲカケヌケタトモオクカツヒコヘ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年08月10日
ISBN 978-4-16-771701-8
Cコード C0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く