文春文庫

赤塚不二夫のことを書いたのだ!!

武居俊樹

  • 定価:本体619円+税
  • 発売日:2007年05月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

伝説の名物編集者が「ぜ?んぶ書いたのだニャロメ!!」

天才漫画家、赤塚不二夫に密着すること35年。伝説の編集者「武居記者」が書いた“ギャグの神様”との汗と涙と笑いと酒の日々

担当編集者より
天才漫画家・赤塚不二夫に35年間連れ添った編集者がいる。「武居記者」というキャラクターで赤塚漫画にも登場した名物担当者。その武居記者が、天才との漫画と遊びの日々を初めて綴った。「天才バカボン」引き抜き事件、ヤクザに追われて逃亡生活、美空ひばりと新宿デートなどなど、抱腹絶倒の秘話満載! 解説・やまさき十三
商品情報
書名(カナ) アカツカフジオノコトヲカイタノダ
ページ数 368ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2007年05月10日
ISBN 978-4-16-771731-5
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く