文庫
文庫

文春文庫

直木三十五伝

植村鞆音

  • 定価:本体619円+税
  • 発売日:2008年06月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

直木賞に名を残す作家・直木三十五の決定的評伝!

「藝術は短く、貧乏は長し」とうそぶき、莫大な借金に追われながら、700篇に及ぶ小説・雑文を書き、彼は悠然と人生を駆け抜けた

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
小心にして傲岸、寡黙にして雄弁、稀代の浪費家にして借金王、女好きのプランメイカー、直木三十五。「藝術は短く、貧乏は長し」とばかりに、莫大な借金に追われながら、700篇におよぶ小説・雑文を書き、昭和初期の文壇に異彩を放ち、悠然と人生を駆け抜けた人気作家の全貌をあますところなく描いた評伝決定版。解説・縄田一男
商品情報
書名(カナ) ナオキサンジュウゴデン
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2008年06月10日
ISBN 978-4-16-771786-5
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く