作品紹介

従来の「反日論」を一掃する全く新たな視点

日本人狩り、サッカー・アジアカップ……凄まじい反日運動で揺れた2005年の中国を徹底取材し、反日感情の核心に迫った啓蒙の書

担当編集者より
西安の日本人狩り、尖閣諸島への不法上陸、そしてサッカー・アジアカップの暴動。相次いで起きた中国の反日運動は、2005年4月の反日デモで頂点に達する。過激な運動を煽ったのは一体誰なのか? 中国共産党か、民間の反日活動家か、それとも——。徹底した現地取材で、台頭する中国のナショナリズムの核心に迫った意欲作。
商品情報
書名(カナ) イラダツチュウゴク
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2008年07月10日
ISBN 978-4-16-771795-7
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く