作品紹介

直木賞作家の新境地、バイクをめぐる群像劇

取り戻せない過去に思いを馳せつつバイクを駆る男たちと、彼らを愛した女たち。心に傷を負った男女7人の“いま”を描く連作短篇集

担当編集者より
勤めていた会社を解雇され再就職もままならず、自分の保険金で妻子の生活費を捻出しようと、バイクの事故を装って自殺を図るために北海道にツーリングに出かける男(「旅の半ばで」)など、ヴィンテージ・バイクと、それらにかかわる無器用で、それでも必死に己の人生を生きる男女7人の姿を描く、連作短篇集。解説・菅生雅文
商品情報
書名(カナ) ニジイロニランドスケープ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2008年10月10日
ISBN 978-4-16-772402-3
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く