文庫
文庫

文春文庫

弱法師

中山可穂

  • 定価:本体524円+税
  • 発売日:2007年02月09日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

叶わぬ恋こそ、うつくしい

病に冒された少年と義父の微妙な関係を描く表題作ほか、古典に材をとり、繊細なまでに張りつめた愛の悲しみをとらえる中篇3篇を収録

担当編集者より
かなわぬ恋こそ、美しい——雨の気配を滲ませた母子に宿命的に惹かれ、人生設計を投げ捨てたエリート医師(「弱法師」)。編集者の愛を得るために小説を捧げ続けた若き作家(「卒塔婆小町」)。父と母、伯母の不可思議な関係に胸ふるわせる少女(「浮舟」)。能のモチーフをちりばめ、身を滅ぼすほどの激しい恋情が燃えたつ珠玉の3篇。
商品情報
書名(カナ) ヨロボシ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2007年02月10日
ISBN 978-4-16-772601-0
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く