文庫
文庫

文春文庫

雨の日のイルカたちは

片山恭一

  • 定価:本体505円+税
  • 発売日:2007年04月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

著者にとって、もっとも切実な一冊

突然死した最愛の夫には、別の女性がいた……。信じるべき確かなものが崩壊しても、ささやかな希望を見出そうとする人びとを描く

担当編集者より
妻と赤ん坊をホテルに残し、浜辺を散策する男。中洲の風俗で働く19歳の少女。スーパーの店員から介護士に転身した青年。突然死した最愛の夫に愛する女性がいたことを知った妻。そして水族館から逃げたイルカは、どこを泳いでいるのか……。深い喪失感を抱えながら生きていく人たちを、祈りにも似た言葉で描く4篇の物語。
商品情報
書名(カナ) アメノヒノイルカタチハ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2007年04月10日
ISBN 978-4-16-773101-4
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く