文庫
文庫

文春文庫

夏の椿

北 重人

  • 定価:本体657円+税
  • 発売日:2008年01月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

時代劇ミステリーの新星、鮮烈のデビュー作

ある日甥を殺された立原周乃介は、その原因を追ううちに柏木屋が係わっているのを知る。途端に周乃介の周りで、不穏な事が……

担当編集者より
天明六年。江戸が大雨に襲われた日、甥の定次郎を何者かに斬殺された旗本の三男坊である立原周乃介は、その原因を調べるうちに、定次郎が米問屋柏木屋のことを探っていたことを知る。柏木屋の主人、仁三郎には暗い陰が見え隠れしているようだ。核心に迫りだした周乃介の周りで不審な事件が起きはじめた。解説・池上冬樹
商品情報
書名(カナ) ナツノツバキ
ページ数 400ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2008年01月10日
ISBN 978-4-16-774401-4
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く