作品紹介

欧米人の優越? 否、彼らの方が野蛮だった!

西欧文明の恩恵で他民族の後進性は救われる……という欧米人の「優越意識」に決然と闘いを挑み、ドイツで大きな物議をかもした書

担当編集者より
「我々の歴史こそ世界史であり、あらゆる民族は我々の文明の恩恵に浴することで後進性から救われてきた」——そんな欧米人の歴史観・世界観に対し、日本近代史に新たな角度から光を当てることで真っ向から闘いを挑む。刊行当時、ドイツで大きな物議を醸した本書は、同時に、自信を失った日本人への痛烈な叱咤にもなっている。
商品情報
書名(カナ) オゴレルハクジントタタカウタメノニホンキンダイシ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2008年09月10日
ISBN 978-4-16-775305-4
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く