作品紹介

劇団四季主宰者がその人脈のすべてを語った

戦後の混乱と左翼演劇全盛期に、劇団四季を創設し、今日の王国を築きあげた浅利慶太——彼が見てきた昭和のすごい人々の裏面史

担当編集者より
2008年、劇団四季は55周年を迎えた。沢山の人々の力があった。だいたい芸術が芸術だけで存立することなど、あり得ない。維新以後の近現代史の中で、芸術は同時代の経済、政治などあらゆるものとの関わりの中にある。単独に芸術史などを書いても意味はない——浅利慶太。小谷真生子・日下武史氏との鼎談も収録。
商品情報
書名(カナ) ゲキダンシキシュサイシャノセンゴシ トキノヒカリノナカデ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2009年01月10日
ISBN 978-4-16-775341-2
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く