作品紹介

国民の3割が貧困。これは明日の日本の姿だ!

富の6割が5%の金持ちに集中し、国民の3割が貧困家庭という超格差社会・米国を分析した本書は、明日の日本の姿そのものである

担当編集者より
サブプライム問題に端を発する世界経済危機の本質には、アメリカの抱える社会構造の矛盾があります。つまり、富の60%を国民のわずか5%が独占し、30%が貧困家庭である現実です。筆者はまだ雇均法のない時代に東大を卒業し、高卒5年目扱いで旧長銀に入行、退職後にスタンフォードMBAを取得し、日本人初の女性証券アナリストになって以来30年近くアメリカ社会を分析し続けました。刊行時に話題になった単行本に、オバマ大統領誕生までを加筆した本書を読めば、アメリカ社会の現在がわかるとともに、これが明日の日本の姿であることに戦慄(おのの)くでしょう。(KK)
商品情報
書名(カナ) チョウカクサシャカイアメリカノシンジツ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2009年02月10日
ISBN 978-4-16-775350-4
Cコード 0195

著者

小林 由美

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く