作品紹介

母と息子がなごむ直後、心底ぞっとする映像が……

『怖い絵』の著者が、「母」「電話」「乗り物」「家」など9つの主題で各11の映画を紹介し、人間心理の怖ろしさと深さを鋭く分析

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
『怖い絵』シリーズで人気の中野京子さんによる、ひとあじ異なる映画エッセイ。仲のよい母と娘の楽しい日々。沖縄の自然を舞台にのどかに暮らす老夫婦。宝くじで12億円当たった1人暮らしの男。スターになることを夢見ている娘。一見平凡な人々の身の上にドラマが起きる映画の世界。でも中野さんの目は、物語の細部に隠された、何気ない違和感を見逃しません。当たり前の日常にある恐怖。恐怖と絶望の中に光る愛。「あの名画の、あの場面にこんな意味が!」という驚きが楽しめる1冊です。(OA)
商品情報
書名(カナ) キョウフトアイノエイガヒャクニ
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2009年07月10日
ISBN 978-4-16-775384-9
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く