作品紹介

『信長の棺』『秀吉の枷』に続く本能寺3部作、遂に完結!

義父・光秀とともに散った男が、命をかけて守り通したある女性への一途な思いとは。「本能寺の変」をめぐる純愛を描く感動の歴史長篇

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
「愛宕山に詣でて、戦勝祈願のために一夜参篭(さんろう)する」。朝廷との密会を重ねる光秀の暴走を止められない左馬助。そして本能寺の変——。大ベストセラーとなった本格歴史ミステリー長編は、すべての謎を解き明かしながら、明智家の壮絶な「死の門出」で終局を迎える。宴を彩る「落城の譜(ふ)」の調べ、そして左馬助と綸(りん)が貫いた真実の愛とは。
商品情報
書名(カナ) アケチサマノスケノコイ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2010年05月10日
ISBN 978-4-16-775407-5
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く