作品紹介

あなたの人生の“染み”、抜かせていただきます

染み抜き屋・つるの許に、今日も訳ありの染みが舞い込む。明治の小樽を舞台に長屋の人情をいきいきと描く、心にしみる連作短篇5篇

担当編集者より
明治から大正に移り変わる小樽。活気に満ちた北の街の片隅に、つるの染み抜き屋があった——。女の細腕1本で店の切り盛りをするつるのもとには、今日もわけありの染みが舞い込んでくる。それぞれの染みに宿る人生と向き合うつる。たまの息抜きは、長屋の住人たちが通う「ちぎり屋」や「えれきてる」の暖簾(のれん)をくぐること。消せない過去を抱えた人々が織りなす人間模様。そして、つるにも、決して消えない心の染みが……。読み終えた後、会津のりんごの“赤”が心に残る、連作短篇集の傑作です。(YN)
商品情報
書名(カナ) ホタルビ
ページ数 464ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2008年12月10日
ISBN 978-4-16-776001-4
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く