作品紹介

魔界の都、京と新選組が出会うと何かが起きる!

『天地人』の原作者が描く連作短篇集。幕末、近藤勇、土方歳三などの新選組隊士たちと、京の怪しい場所が絡み合うと事件が始まる

担当編集者より
ある日、腰を痛めた新選組の近藤勇は、腰痛に効き目がある洛南の藤森神社に出かけて、偶然見つけた揉み療治にかかることに。按摩の女はなぜか自分の顔を見せようとしない……。京の町に棲む魑魅魍魎と人斬り集団が交わる時、都と新選組の真の姿が浮かび上がる。従来とは全く違う新選組像を活写する傑作短篇集。解説・長谷部史親
商品情報
書名(カナ) シンセングミマドウケン
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2009年07月10日
ISBN 978-4-16-777302-1
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く