文庫
文庫

文春文庫

天皇の世紀(5)

大佛次郎

  • 定価:本体790円+税
  • 発売日:2010年05月07日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

急進的分子の引き起こした“内戦”の顛末

全国各地に波及する尊王攘夷派の挙兵——。天誅組、天狗党の乱、禁門の変等、武力衝突の顛末を描く。全12巻、毎月順次刊行予定

担当編集者より
文久三年八月十八日の政変により、尊攘激派公卿と長州藩勢力は朝廷から一掃されたが、大和五条における天誅組の決起、水戸藩の内紛を元にした天狗党の挙兵など、いわゆる義軍の内乱が相次ぐ世情である。失地回復を目論む長州勢は、禁裏守衛各藩との間に武力衝突(禁門の変)を引き起こし、時局は一気に緊迫する。解説・福島行一
商品情報
書名(カナ) テンノウノセイキ
ページ数 432ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2010年05月10日
ISBN 978-4-16-777371-7
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く