文庫
文庫

文春文庫

七週間の闇

愛川 晶

  • 定価:本体724円+税
  • 発売日:2010年08月04日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

『六月六日生まれの天使』の著者、初期最高傑作!

臨死体験研究家の女性が歓喜仏の絵に抱かれて縊死した。その額には第三の目が! チベット「死者の書」をテーマにした本格ホラー

担当編集者より
臨死体験者・磯村澄子が、自室の壁に掛けられた巨大な歓喜仏の絵画(タンカ)に抱かれた首吊り死体で発見された。彼女の顔には異様な化粧がほどこされ、額には第三の目が。自殺か、他殺か? そして新たな殺人が発生した。不気味な事件が導く恐怖の結末とは? チベット「死者の書」をモチーフにした野心的長篇ホラー・ミステリー。文春文庫『六月六日生まれの天使』が大ヒット中の著者の、初期最高傑作が待望の復刊!(AK)
商品情報
書名(カナ) ナナシュウカンノヤミ
ページ数 432ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2010年08月10日
ISBN 978-4-16-777392-2
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く