文庫
文庫

文春文庫

侍の翼

好村兼一

  • 定価:本体667円+税
  • 発売日:2010年08月04日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

老いた侍が見つけた死に場所とは。話題の大型新人のデビュー作

お家断絶で裏長屋暮らしの宍倉六佐衛門は、妻に先立たれて逼塞の日々。絶好の死に場所を得て槍を手に立ち上がった彼の運命は……

担当編集者より
宍倉六左衛門は御家断絶で裏長屋の浪人暮し。労咳の妻を抱え人足仕事に精を出すも看病の甲斐なく妻は先立つ。かつては管槍(くだやり)の遣い手として島原の乱で活躍した六左衛門も既に還暦。天涯孤独となり、侍らしい最期を決意し、死に場所を求めて彷徨(さまよ)ううちに由比正雪の企てを知るが……。江戸勃興期の侍を描いた著者渾身のデビュー作。
商品情報
書名(カナ) サムライノツバサ
ページ数 368ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2010年08月10日
ISBN 978-4-16-777394-6
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く