作品紹介

鳥羽伏見の戦いと各地の内乱を詳密に描く

王政復古の大号令が発せられ、徳川慶喜の退路は閉ざされた。戊辰の内戦の幕が切って落とされる。全12巻、毎月順次刊行予定

担当編集者より
政権を返上した徳川慶喜に、官位辞退と領地返納の命が下された。慶喜は大坂城へ退き恭順の姿勢を示すが、その真意は定かでない。時を置かずして起こった鳥羽伏見の戦いには、薩長軍の銃火に刀槍で挑む幕軍の姿があった。滅びゆく時代を象徴するがごとき戦闘と慶喜の不可解な東帰により、内乱の大勢は決する。解説・福島行一
商品情報
書名(カナ) テンノウノセイキ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2010年09月10日
ISBN 978-4-16-777397-7
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く