文春文庫

妖談さかさ仏

風野真知雄

  • 定価:本体590円+税
  • 発売日:2011年01月07日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

根岸肥前守が活躍する、新「耳袋秘帖」シリーズ第4弾

仏像庄右衛門が、盗みに入った寺で逆さに吊るされた秘仏に遭遇した同じ頃、深川では似た格好で殺された芸者の死体が見つかり……

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
担当編集者より
小伝馬町で処刑される寸前、牢破りに成功した仏像専門の盗人、庄右衛門は、盗みの下見に来た寺で仏像をさかさにして拝む不思議な光景を目のあたりにする。その頃、深川では、力丸の妹分・小力が、姿を消す。椀田はまだ見ぬ小力に強い興味を持つが——。根岸肥前守が、江戸の怪異を解き明かす、新「耳袋秘帖」シリーズ第4巻。
商品情報
書名(カナ) ヨウダンサカサボトケ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2011年01月10日
ISBN 978-4-16-777904-7
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く