文春文庫

荒野 12歳 ぼくの小さな黒猫ちゃん

桜庭一樹

  • 定価:本体438円+税
  • 発売日:2011年01月07日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

恋愛小説家の父と暮らす少女が見つけた“恋のしっぽ”

恋愛小説家の父と暮らす12歳の少女のもとへ新しい家族がやって来た。“恋”とは? “好き”とは? 全3巻、3ヶ月連続刊行の第1巻

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
担当編集者より
鎌倉で小説家の父と暮らす山野内荒野は、中学入学の日、通学中の電車で見知らぬ少年に窮地を救われる。だが、それは彼女の身に起こる小さくて大きな変化の始まりでしかなかった——。“恋”とは、“好き”とは? うつろいゆく季節のなかで、少しずつ大人になっていく少女の4年間を描くビルドゥングスロマン。全3巻の第1巻。
商品情報
書名(カナ) コウヤジュウニサイボクノチイサナクロネコチャン
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2011年01月10日
ISBN 978-4-16-778402-7
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く