作品紹介

夏樹果波は、幸福の絶頂にいた。仕事で成功した夫、高層マンションでの新しい生活。ところがそんな矢先、子供を身ごもった。予期せぬ妊娠だった。中絶という苦渋の選択をした瞬間から、果波の精神に異変が起こり始める。精神の病か、それとも死霊の憑依なのか。科学と心霊の狭間で、夫と精神科医が治療に乗り出すが、二人の前には想像を絶する事態が待ち受けていた――。
男女の問題。性の迷宮。生命の神秘。乗り移られる恐怖。心の中の別の人。稀代のストーリーテラーがおくる、戦慄に満ちた愛の物語。

担当編集者より
『ジェノサイド』で話題沸騰の著者によるホラーサスペンスの傑作の登場です。仕事で成功した夫との新しい生活。夏樹果波(なつき・かなみ)は幸せの絶頂にいた。ところが予想外の妊娠をした時から、何かが彼女の心に取り憑き始める。精神の病か、それとも死霊の憑依なのか。治療に乗り出した夫と精神科医を待ち受けていた戦慄の事態とは——。我が子を守ろうとする母の愛を描いた、恐ろしくも切ない物語。(YS)
商品情報
書名(カナ) ケーエヌノヒゲキ
ページ数 416ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2012年06月10日
ISBN 978-4-16-780199-1
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く