作品紹介

帝国を解体させたイデオロギーがわかる

若き外交官として崩壊前夜のソ連に着任し、抱いた恐れ——ロシアはいずれ甦り、怪物のような帝国になる。その現状を大幅増補!

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
外交官としてソ連崩壊を目の当たりにした筆者は、新生ロシアのモスクワ大学で神学を講義し、若者たちに空恐ろしさを感じる――「ロシアはいずれ甦り、怪物のような帝国になる」。プーチン大統領の出現でその恐れは現実化した! 今後のロシア帝国主義政策を理解するために必須の、ロシア知識人たちの実像を描き出す。
商品情報
書名(カナ) ヨミガエルロシアテイコク
ページ数 464ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2012年02月10日
ISBN 978-4-16-780203-5
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く