作品紹介

大好評! 書き下ろし時代小説シリーズ第3弾

小石川養生所見廻り同心の神代新吾。まだ若い同心が出会ういろいろな事件に、悩み、闘う。魅力的な人物も多数登場。書き下ろし第3弾

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
湯島天神男坂下で酒を飲んでいた新吾と浅吉は、突然、男の断末魔の悲鳴を聞く。そこから立ち去ったのは、「今、取り掛かっている仕事がありまして」と、重い労咳と知りながら、養生所に入室しようとしない新吾の知る浪人だった。息子と妻を愛する男の悲しき“心残り”とは? 書き下ろし時代小説、神代新吾事件覚シリーズ第3弾!
商品情報
書名(カナ) ココロノコリ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2011年03月10日
ISBN 978-4-16-780503-6
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く