文春文庫

ごうつく長屋

井川香四郎

  • 定価:本体648円+税
  • 発売日:2011年04月08日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

江戸を人情で守れ! 若き町年寄が奮闘する

事件の予兆を捉えるため、「百眼」を差配して江戸を監視する三四郎。町人社会を守るのは町人だ! 「ザ・町人小説」書き下ろし第2弾

担当編集者より
近頃、江戸中の老舗を買い漁る大店(おおだな)『紅屋』の真の目的は何なのか――巨大長屋の取り壊し問題で争う地主と家主、津波で壊滅した町の再建をごり押ししながらも自分では何もしない住人たち。影の集団・百眼(ひゃくまなこ)の潜入捜査、名主たちとの連携プレー、時には将軍の力も借りながら、町人の為に力を尽くす町年寄・三四郎シリーズ第2弾!
商品情報
書名(カナ) ゴウツクナガヤ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2011年04月10日
ISBN 978-4-16-780702-3
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く