作品紹介

『萩を揺らす雨』の著者による、サスペンス

ある日突然、消えた妻。彼女を探そうとする夫は、2人の婚姻届すら提出されていなかった事実を知る。彼女は一体何者だったのか——

担当編集者より
オリーブの木を買ってきた翌日、突然、消えた妻。跡を辿ろうとする夫は、2人の婚姻届すら提出されていなかった事実を知る。彼女は一体何者だったのか? そして、彼女の目的とは? 表題作の「オリーブ」をはじめ、「紅雲町珈琲屋こよみ」シリーズの著者による、「大人の嘘」をモチーフにしたサスペンス作品集。解説・藤田香織
商品情報
書名(カナ) オリーブ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2012年02月10日
ISBN 978-4-16-781302-4
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く